自宅でもケアできる

ホワイトニングは繰り返し行うことが大切

笑っている口元

歯を白くするホワイトニングは今では街中の歯医者さんでも可能となりました。白い歯は好印象をもたらすとして、多くの方が施術に訪れています。施術を受けると白い歯を手に入れることができますが、この白さは半永久的に続くものではありません。残念ながら、月日が経つにつれて色戻りしてしまいます。 生活習慣によっても異なりますが、ホワイトニングの効果が持続する期間は3ヶ月〜10ヶ月と言われています。効果を長持ちさせるには、禁煙やコーヒー・紅茶・ワインなど着色しやすい成分を含む食品を控えるといった方法があります。また、定期的に歯のクリーニングを受けることも効果的とされています。歯垢除去の効果もあるクリーニングは、定期的に汚れを落とすことになるため、白さの長持ちに効果があるというわけです。

自宅で行うホームケアも人気

ホワイトニングは大きく分けて2つの方法があります。まず、歯科医院で施術を受ける方法で、オフィスホワイトニングと呼ばれる方法です。歯の状態に合わせた施術が可能で、短期間で白くなることが特徴のひとつです。もうひとつが、歯科医院でマウスピースを作成し、自宅で装着してホワイトニングを行うという方法です。このホームケアによる方法をホームホワイトニングといいます。 ホームホワイトニングは、ホワイトニング発祥の地アメリカでは多くの方が行っている方法です。クリニックで行うよりも価格が安いこともメリットのひとつです。白さが実感できるまでには、オフィスホワイトニングよりも時間がかかりますが、その分白さが長続きするというメリットもあります。近年では、主に価格の安さが理由となって、日本でもホームケアに取り組む方が増えていて、市販品も多数出回るようになっています。