歯医者で出来るケア

ホワイトニングの種類別費用

口元を刺す指

歯医者で行うホワイトニングをオフィスホワイトニングといいますが、オフィスホワイトニングにもいくつかの種類があります。 最も普及しているのが「ティースホワイトニング」です。歯に高濃度薬剤を塗り、ハロゲンライトを照射して色素を分解していくホワイトニングで、費用は一本3千円前後が相場です。ハロゲンライトではなく、レーザーを使って行う「レーザーホワイトニング」は、ライトよりも短時間で色素を分解でき、一回あたりの効果が高くなります。レーザーホワイトニングは一本あたり1万円の費用がかかります。 青色LEDを照射して行う「LEDホワイトング」はレーザーよりもソフトなので痛みが少ないというメリットがあります。一本あたり3千円でできます。

通う回数と費用の傾向

歯医者によってホワイトニングに使用しているホワイトニング剤や医療器機の種類が違い、薬剤や器機で費用が異なります。基本的にライト系のオフィスホワイトニングは一回あたりで1トーン〜2トーンしか明るくできないので、完全に白くするには平均的に3回くらい歯医者に通院することになります。3回通院しておよそ合計5万円くらいが相場のようです。 レーザーを使ったレーザーホワイトニングは、一回あたりで4トーン〜6トーン歯を白くできます。そのため一回で終わらせることも可能です。しかし、一回あたりの施術時間はライト系よりも長くなり、費用も高くなる傾向があります。 どんなホワイトニングを採用しているのか、事前に歯医者をホームページでチェックしてから行くこをおすすめします。